カートをみる マイページへログイン ご利用案内 お問い合せ お客様の声 サイトマップ
RSS
 

手作りかりんとうの制作中の画像公開

「手造りかりんとう」の製造工程の画像を公開したいと思います。
前半はかりんとうを作っている作業の画像、
後半はかりんとうを袋詰めする作業です。

最初の画像は、かりんとうの材料をミキサーのボールに入れたところです。

かりんとうの材料

かりんとうの材料の、小麦粉、砂糖、ごま、植物油、塩などが入ってます。

次の画像は、その材料をミキサーで混ぜ合わせたところです。

かりんとうの材料を混ぜた

混ぜ合わせた材料の事を私は「きりんとうの生地」と呼んでます。

そして、かりんとうの生地をテーブルに上げ、

かりんとうの生地

一定重量毎に分割します。

かりんとうの生地を分割

そして、かりんとうの生地を薄く延ばしたのが、この画像です。

かりんとうの生地を延ばした

先々代(私のおじいさんのこと)までは、綿棒を使って手で延ばしてましたが
今ではパイローラー(生地を延ばす機械)で延ばしてます。
だって、すごく薄いんですよ。
パイローラーを使わなければとても間に合いません。

そして、延ばした生地を短冊状に切断しました。

かりんとうの生地を短冊状に切断

延ばした生地を短冊状に切るので、端の丸いところが
三角形になってしまいます。
そろってないというか、少しいい加減な切り方を見てもらえれば
手作りなのが判ってもらえると思います。

でも、いい加減な切り方が手作りで、
正確にそろっているのが機械が自動で作ったのなら、
手作りの価値ってなんでしょうね。

以前「おでんくん」というアニメ番組でだんこん先生が
「手作りの味は真心の味」と言ってましたが、
お店で売る商品に「真心が入ってます」なんて書いてもねえ・・・
お客さんに喜んでもらえるお菓子を作りたいと
いつも思っていますが、実際のお菓子の味とは別ですよね。

短冊状に切断したかりんとうの生地を揚げると出来上がりです。

かりんとうの揚げたて

こうして、鉄板に敷いた紙で余計な油を吸い取り、
少し冷めたところで、箱詰めします。

これで前半の作っている画像は終了です。
ここから後半の袋詰め作業の画像になります。

袋詰めする前のかりんとうが入ってる箱です。

かりんとうの箱
中には前日に作ったかりんとうが入ってます。
揚げたかりんとうを冷ましてから袋詰めするので、
一日程、この箱の中に入れておきます。

その箱の中のかりんとうです。

かりんとうの箱
この画像ではよく判りませんが、かりんとうの下に紙を敷いてます。
紙を何層にも敷くことで、かりんとうの油を吸い取ってます。

上の画像をよく見ると折れ曲がったり、縮れたかりんとうがいくつかあります。
そういったかりんとうははじいてサービス品にします。

サービス品
当店のかりんとうですが、20年くらい前に比べるとかなり薄くなってます。
これはサクサクとした食感を追求してだんだん薄くなったんです。
そのかわり、生地が薄くなるにつれてかりんとうを揚げるときに
折れ曲がったり、丸くなるかりんとうが増えてきました。

ある程度ははじいてサービス品や試食にしてきましたが、
はじきすぎると、1回で出来るかりんとうの量が減っちゃいますよね。
それでしかたなく、販売するかりんとうの袋にも、
折れたり丸まったかりんとうも混じってます。

当店のかりんとうを購入されたお客様、そういうことですので
かりんとうの中に変な形のかりんとうが混ざっていても、B級品ではありません。
「手作り」なんだからと言うことで、ご了承下さい。

次の画像は袋に入れ、シーリング(袋の上側を止めること)前の状態です。

袋詰め待ち
この木の枠に、4個×10列で40袋のかりんとうがあります。
こうすると、かりんとうの数を間違えることなく、箱詰めすることが出来ます。
この木の枠は、かりんとうの袋詰め専用に私が作りました。

それと左側にあるのは、かりんとうの上側を止めるためのシーラーです。
かなりの年代物ですが、ちゃんとシーリングできます。
このシーラーでかりんとうの袋を止めて箱に入れたら
かりんとうは出来上がりです。


巷では高級なかりんとうがブームですが、私たちは贈答用のかりんとうには興味はありません。
「毎日食べても飽きない」….これが私たちの作ったかりんとうの「良さ」なのです。

栃餅、草餅の製造工程を紹介

栃餅、草餅の丸餅と餡入り餅の製造工程を紹介します。

まず、これが栃餅に入れる栃の実です。

栃の実
栃餅1升分なのですが、他のお店よりかなり多く栃の実を使っているはずです。
”他のお店の配合はよく知らないので確かなことは言えませんが・・・”

実の粒が大きいのが朝日地区の栃の実で、粒の小さいのが私と家族が
店の近くの山から採ってきた栃の実です。
当店では、去年の秋から2種類の栃の実をブレンドして使ってますが、
2種類の栃の実を使用することで、栃餅の渋みと風味がとっても良い具合になってます。
当店では20年以上栃餅を作ってますが、間違いなく今の栃餅が一番美味しいですね。

そして、栃の実は、餅米と一緒に蒸かします。

栃の実と餅米
栃餅は餅米と栃の実を一緒に突くので、蒸かす前から一緒にしています。
この画像ではよく分かりませんが、栃餅用の餅米の下に草餅用の餅米もあります。
草餅と栃餅は一緒に蒸かす事が多いですね。

蒸かす前は、栃の実は餅米の中に入れてしまいます。

蒸かす前の餅米

草餅用の餅草の画像です。

餅草(よもぎ)
これで草餅一升分です。
草餅は、蒸し終わってから餅草を混ぜるので、一緒には蒸かしません。

ここで、餅を突くところの画像があるべきなんでしょうが、
すいませんがそこは非公開と言うことで。

で、出来た草餅の丸餅がこれです。

草餅(丸餅)
丸餅なので材料は、餅米と餅草(よもぎ)だけです。
暖かいうちは柔らかいのですが、冷めると硬くなります。

こちらは、栃餅の丸餅です。

栃餅(丸餅)
栃餅の丸餅の材料は、餅米と栃の実だけです。
こちらも冷めるとやっぱり硬くなります。

出来た丸餅を袋に詰めるときの画像です。

袋入り丸餅
丸餅を一日以上置いてある程度硬くなってから、手作業で袋詰めします。
これに脱酸素剤を入れて、袋を止めて完成です。


こちらは、餡入りの栃餅用のあんこです。

あんこ
予め、重さを量り丸めてあります。
栃餅はこしあんで草餅は粒あんを使用しています。
この画像は、栃餅用のこしあんです。

餡入りの栃餅を包んで完成したところです。

栃餅
餡入りの栃餅「しょすがりな手作り栃餅」は、栃餅に麦芽糖が混ぜてあります。
外側の餅に甘さが加わることで、中のあんこと相性が良くなると思います。

後は、餅が冷めてから個別包装の袋に入れます。

栃餅
これに、一つずつ脱酸素剤を入れ、袋を止めて完成です。

草餅、栃餅の製造工程の画像と解説は以上です。



丸餅、切り餅

ページトップへ