カートをみる マイページへログイン ご利用案内 お問い合せ お客様の声 サイトマップ
RSS
 

メール便は厚さ2センチまで

 ウェブショップはパソコンか携帯電話で24時間いつでも買い物が出来る
お手軽さが魅力ですよね。
でも、ウェブショップでは実際に商品を手に取ることが出来ないので、商品の画像と
説明文だけでお客様に商品の魅力を伝えなければなりません。

これは当店の商品だととっても大変なんですね。どうすれば、地味な茶色だけのかりんとうとか、
そばかりんとうを魅力的にみせれるのか今でもわかりません。

それにパッケージもとっても地味。庄内の地元の物産館を見てもらえばわかるのですが、
当店だけでなく、地元の他の店のお菓子のパッケージもたいてい地味です
これは、私の地元「庄内」がとっても「しょすがり」な気質なのが影響しています。

”「しょすがり」と言うのは「恥ずかしがり」という意味です。
 なので「恥ずかしいなあ。」は庄内弁で「しょすのぉ。」か「しょすなやのぉ。」となります。”

でも、ウェブショップで全国のお客様を相手にしようというのに、「しょすがって」ばかりでは、
商売はなりたちません。
でも、ウェブショップの為にパッケージを作り替えるなんて出来ません。
それでせめて、試食代わりにお手軽なお値段で当店のお菓子を味わってもらおうと思い、
「エクスパックでお届けするお試しセット」が出来ました。

でも、このお試しセットでも1、100円ですよね。お手軽と言うにはちょっと高い。
実は、このお試しセットの前に「メール便でお届けするかりんとうお試しセット」を考えてました。
画像のような組み合わせです。

メール便お試しセット
これなら送料、包装代込みで、800円くらいになります。
商品の厚さは3センチ近いのですが多少なら許してもらえると思い、
クロネコヤマトの配達の人に「メール便」で送れるか、尋ねてみたんです。
そうしたら、あっさりと「駄目」と言われました。

メール便はお客様に直接渡すのではなく、郵便受けに投函して配達するのだそうです。
で、この厚さ3センチの「お試しセット」を郵便受けに無理矢理投函すると、
中のかりんとうはつぶれてバラバラになります。それで「駄目!」。

こうして、「メール便でお届けするかりんとうお試しセット」はボツになり、
「エクスパックで送るかりんとうお試しセット」が出来ました。

でも、この時の経験が活きて、今回「メール便で送るお餅6個セット」が出来たんです。

「お餅6個セット」については、来週の店長日記で。

メール便で送るお餅6個セットが出来たのは

当ウェブショップではお買い上げ頂いたお客様や開店記念プレゼントで当選した方に、
当店のウェブショップや商品に関する意見等を御願いしています。
で、頂いたメールでのご意見や感想などは総て、印刷し何度も読み返してます。
好意的な内容が多くてとっても励みになります。ほんとに嬉しいです。
この場を借りてお礼申し上げます。

さて、今回の店長日記の本題、「メール便で送るお餅6個セット」が出来るまでの話です。

実は先月、諏訪菓子舗のウェブショップが開店して3ヶ月目にして、
初めてお餅の注文が入りました。
いままでウェブショップでは、かりんとうのことばかり考えてて、
栃餅と草餅のことはすっかりおろそかにしてました。
ほんとお恥ずかしい限りです。

で、注文を頂いて改めて考えてみると、草餅、栃餅は10個で送料込みだと二千円になるんですよね。
普通の家庭ではお餅は10個もいらないし、合計金額も高すぎる。
確かにこれでは注文しづらい。

そこでもっと少ない数のお餅をお手軽に送る方法がないかと思い、
かりんとうのお試しセットの時に断念したメール便を使うことにしたんです。
お餅なら箱詰めで厚さ2センチ以下に納めることも出来るし、
速達扱いにすれば遠くても翌々日に届くので、草餅と栃餅はまだ柔らかく食べられる状態で
お客様に届きます。
”草餅、栃餅は脱酸素剤入りの個別包装なので、1週間は大丈夫です。”

こうして、安直に「メール便で送るお餅6個セット」という商品が出来上がり、
お客様に最初にお餅の注文を頂いてから、わずか1週間でウェブショップ上で販売開始することになりました。
商品の販売ページはこちらです。ぜひ、一度、ご覧ください。
http://suwakasiho.jp/SHOP/368479/list.html

さて、お手軽に数が送れそうな商品が出来たとすると、当然「アレ」が出来ますよね。
そう、開店記念プレゼント第二弾です。
今回も応募していただいた方の中から抽選で
「諏訪菓子舗 メール便で送る草餅3個、栃餅3個詰め合わせ」
を30名さまにプレゼントします。
皆さん、ぜひご応募ください。

応募は、当ウェブショップのトップページから。
http://suwakasiho.jp/

ポイント制を導入しました。

最近は家みたいな田舎のお菓子屋にも悪影響を与える事がいろいろと続いてますね。
困ったものです。
とりあえず、汚染米問題は当店の菓子や餅には関係ありません。
小麦粉や餅米の仕入れ先からも、汚染米は取り扱っていませんとの文書を頂きました。

私の地元庄内は米どころですし、自分のところでお米を作ってるのだから、
外から仕入れた汚染米を取り扱っていないのは当然だと思っていました。
”「商売というのは、エスキモーに氷を売る事だ。」と言う言葉がありますが、
そこまでしなくても良いんじゃないかと思う私は商売が下手なんでしょうか?”

でも、山形県の中には、汚染米を取り扱った流通業者もいるらしいです。
巻き込まれなくて良かった。

さて、ここからが今週の店長日記の本題です。
諏訪菓子舗のウェブショップでは、会員登録していただいたお客様にお買い上げ頂いた金額と
支払い方法に応じてポイントを発行することになりました。
お支払い方法が「郵便振り込み」と「銀行振り込み」なら、お支払金額の3%、
「代金引換」と「コンビニ決済」なら、お支払い金額の2%、
「クレジットカード」なら、お支払金額の1%のポイントを発行します。
それと、商品を購入した後にお客様に感想を御願いしている「お客様の声」でお店と商品の評価を、
書き込んでいただけると30ポイントを発行します。
そして、貯まったポイントの利用分だけ、次回からのお支払い金額を減らすことが出来ます。
ポイントの有効期限は、最後にお買い上げ頂いた日から24ヶ月です。
絶対にお得ですから、まだ会員登録されていない方は購入前にぜひ登録してください。
”会員登録は、TOPページの「マイページへログイン」からです。”
https://cart.shopserve.jp/suwakasiho.lr/login.cgi

お支払い方法によって発行されるポイントが違うのは、お支払い方法毎に
当店に入金するときに手数料が引かれるかとその手数料の金額が違うからなんですね。
お店側から見るとクレジットカードは、売上金額の3%ちょっとが手数料になるので、
結構きつい。
だから、値段設定がギリギリの「かりんとうお試しセット」のお支払いは
クレジットカードをお断りしてしまいました。
お店側の事情をお客様に押しつけて申し訳ないと思っているのですが・・・

それと、発行するポイントは当初は、「オージオ化粧品」並に5%を考えていたんですが、
ポイント還元を考えないで商品の価格を設定しているのでどうしても出来なかった。
ちょっと、残念。

それと、ポイント制を導入する以前に当店でお買い上げ頂いたお客様には、
個別に会員登録の案内のメールをお送りします。
会員登録いただければ、以前にお買い上げ頂いた分に応じたポイントをサービス致します。
ぜひ、登録してください。よろしく御願いします。

アラカルト5品

 諏訪菓子舗のウェブショップでは店長日記は、一つのテーマについて割と長い文章で書いてきました。
でもね、店長日記で書くほど大きな話でもないけど、やっぱり言いたいことって、結構あるんですよ。
”そもそも店長日記が週一回更新なのも、長々と文章を書くのも変ですが、まあそれはそれ。”
そんな短い話をいくつかまとめた店長日記を「アラカルト(一品料理)」と呼ぶことにします。


一品目 エクスパックの振り込め詐欺。
 最近は振り込め詐欺の手口が変わってきているとニュースで聞きました。
いやですねえ。振り込め詐欺も許せないけど、エクスパックを使ってと言うのが困る。
当店の「エクスパックで送るかりんとうお試しセット」のイメージが悪くなるじゃないか!!
皆さん、エクスパックやメール便では、「現金」を送ることは出来ません。
もし、エクスパックやメール便で「現金」を送るように言われたら、それは間違いなく、
詐欺だと思います。注意してください。


二品目 お客様の声を始めました。
 9月の後半からですが、当店のウェブショップでも、「お客様の声」と言う機能を有効にしました。
皆さん、気づいてましたか? この「お客様の声」はトップページの上の方から見れます。
http://suwakasiho.jp/SHOP/rating_list.html

 この「お客様の声」は、商品をご購入いただいたお客様が、その商品についてコメントを書く
という物です。この「お客様の声」をみれば、お店側の宣伝ではなく、購入いただいた
お客様の生の声がわかるので、本当のお店の評価がわかるのです。
この機能を何故、今まで有効にしてこなかったのかと言うと、実は怖かったから。
「このページに掲載されている評価は、システム提供者である株式会社Eストアーが管理する
情報であり、お店運営者による内容の変更、編集等はおこなえません。」という注意書きが
あるとおり、お客様の声はお店側では編集できません。
万が一、買っていただいたお客様の口に合わなくて、低い評価だったらどうしましょう?
そんな事を考えるとなかなかこの機能を有効に出来ませんでした。

でも、ウェブショップを続けていくのにそんな事は言ってられませんね。
”さあ、勇気を持って、一歩前に踏み出してみましょう。”
そんな、心の声(幻聴?)に従って、お客様の声を始めることにしたんです。

幸いにして、お客様に好意的な評価をしていただいて、とっても嬉しいです。
この場を借りて、お礼申し上げます。
これからも、お客様に高い評価をしていただけるとように頑張ります。


三品目 草餅、栃餅の商品説明を御願いしています。
 当店の草餅、栃餅の商品説明って、まったくなってませんよね。商品ページを見ても、
全然、美味しそうに見えませんし、どんな味なのかさっぱりわかりません。
私もどうすれば良いか、ずっと迷ってたんです。
で、出た結論は、「自分で思いつかないなら、誰か他の人に御願いしよう。」でした。

 そこで先週のメルマガで、草餅、栃餅を魅力的に説明するキャッチコピーと商品説明
の作成に協力してくださる奇特な方を募集したんです。
そうしたら、2名の方が応募してくれたんです。ありがとうございます。
さっそく、「メール便送る栃餅3個、草餅3個 詰め合わせ」を送らさせていただきました。
 当店の草餅、栃餅を食べていただいてから、商品説明を考えていただくことになってます。
どんな、商品説明が出来るのか、とっても楽しみです。
商品ページが変わったら、店長日記かメルマガでお知らせしますね。


四品目 第二弾の懸賞の応募が多いです。
 10月の初めから、「諏訪菓子舗のウェブショップ開店記念プレゼント第二弾」を
始めていますよね。
夏の第一弾の賞品が、「諏訪菓子舗のかりんとうお試しセット」が30名様で、
今回の賞品は、「メール便送る栃餅3個、草餅3個 詰め合わせ」が30名様です。
どちらも、お菓子だし、賞品の金額も同じくらい、プレゼントする人数も同じ30名です。

なのに、第一弾のかりんとうの時よりも、第二弾の草餅、栃餅の方が応募者が多いんです。
第一弾に応募していただいた方にはメルマガでお知らせしていますから、その分だけ第二弾の
プレゼントに応募者が多いのは当然なのですが、その分を差し引いても1.5倍から2倍くらいの
ペースで応募者が来ています。

ひょっとして、世間の人にとって、「草餅や栃餅」は、「かりんとう」よりも評価が高い
というか、好きな人が多いのでしょうか。
う〜ん、まったく予想していませんでした。
皆さん、「かりんとう」って美味しいよ、お餅と同じくらいに。


五品目 鶴の湯を撮影しました。
 私がいつも配達している通りの近くに、映画「おくりびと」に出てきた「鶴の湯」
という銭湯があります。
”「鶴の湯」は映画のセットではなくて本当にあります。”
それで、ついデジカメに納めてきました。それがこの画像です。

鶴の湯

「おくりびと」に出てくる建物は結構見覚えのある建物がいくつか出てくるし、
”映画の中で、ビデオを撮影していた港座という廃業した映画館も実際にあります。”
最初のすさまじい地吹雪とか、クワクワうるさい白鳥達とかをみると、山形県の中でも
庄内地方が舞台になっていると思うんです。
でも、残念ながら、広末涼子さんのような美人のウェブデザイナーとか、
本木雅弘さんのようなかっこいい納棺士を地元庄内で見たことはありません。
あしからず。


今回の店長日記は、以上で終わりです。
五つも話題があると、さすがに長いですね。
最後まで読んでいただき、ありがとうございました。

諏訪菓子舗の創業は?

先週の店長日記で紹介しましたが、「送料無料、こたつでだんらん菓子セット」が販売開始になりました。
TOPページにも「こたつでだんらん菓子セットのバナーがあるので簡単に見れます。
この商品のページは半日以上かかって作りました。
センスのない私としては結構良い出来の商品ページだと思ってます。
皆さん、そう思いませんか?
さて、ここからが今週の店長日記の本題です。

諏訪菓子舗は、「かりんとうの老舗」を名乗っていますが、
どれくらい前から作っているかというと、実はよくわかりません。

先々代の店主(私のおじいさんのことです。)が戦前には作っていたらしいので、
70年以上続いてきたのでしょうが、記録がないのでよくわからない。
かりんとうを作り始めたのが、先々代なのか、それより前なのかもわからないんです。
なんていいかげんな「かりんとうの老舗」。

では、諏訪菓子舗が創業したのはいつかというと、これもよくわからない。
江戸時代の末期くらいに、私のご先祖が創業したというか、大工から転職したらしいです。
これも資料無し。

とりあえず、この話が本当なら諏訪菓子舗は140年以上続いてきた事になりますね。
堂々と老舗を名乗ることが出来そうですが、それがチョット恥ずかしくなる訳がありまして。

今は移転したのですが私が子供の頃、諏訪菓子舗の向かいには
伊藤鉄工さんという鉄工場というか鋳物屋さんがあったんです。
その伊藤鉄工さんというのが、文治5年(1189年)に創業!!!
(伊藤鉄工の紹介サイトは、 http://www.e-yamagata.com/town/10-04/0235226636/
なんと、創業800年以上ですよ。

私が住んでいる大山という地区は古くからの歴史のある町でして、今でも残っている
4つの酒造メーカーの内の渡會本店(出羽の雪)は創業380年!!
、その他の酒造メーカーもそれなりの歴史があります。
(出羽の雪のサイトは、 http://www.net.sfsi.co.jp/watarai/index.htm  )

当店はそんな大山にありますから、諏訪菓子舗の「記録はないけど創業140年以上」
ってなんか自慢出来ないんですよね。
せめて創業した年でもわかれば、
「創業150年の感謝を込めて」と題して、セールが出来たのに。

”諏訪菓子舗から、これから起業する方へのアドバイス
 100年後の後継者の為に、起業した日の記録は残しましょう。”

それは、豚ではないし、噛みません。

先週の店長日記で、手作り餅の注文が続けて入ってとっても嬉しいと書きましたよね。
これは調子が良い、今月は期待できると思ったんですが、その後、注文がぱったり無くなりました。
がっくり。ひょっとして、最近急激に進んでいる不況のせい? そうならば早く、景気が回復して欲しいものです。
さて、ここからが今週の店長日記の本題です。

 私の地元大山にも子供たちを守るための地域の防犯組織があります。
そして、諏訪菓子舗もその防犯組織に協賛して、配達用の軽ワゴン車に
画像のようなステッカーを貼っています。

めっけ隊

 で、この軽ワゴン車で配達していたときのこと。
見知らぬおじさんが、軽ワゴン車を指さしながら聞いてきました。
おじさん「メッケ豚ってなんだ?」
私「え、豚?」

おじさんの指す先をよく見ると、メッケ隊のステッカーがあります。
私「あ〜、これは豚じゃなく犬です。
 メッケ犬というのは、大山という地区の犬祭りの犬です。」
おじさん「なんだ、犬かあ。ふ〜ん、この犬噛むのか?」
私「え、噛む? まあ、ムジナというか狸と闘ったくらいですから。」
おじさん「ふ〜ん、そうか、祭りで犬と狸が闘うのか。」

 おじさんは闘犬かなにかと勘違いしてるみたいです。

私「メッケ犬というのは、伝説の犬で今の犬じゃないです。」
おじさん「あ〜、伝説かぁ。忠犬ハチ公みたいなやつだな。何年くらい前の犬だ?」
私「いや、忠犬ハチ公みたいな話じゃなくて、伝承というか、昔話みたいなやつです。」
おじさん「ふ〜ん。」

 おじさんは興味を失ったみたいで立ち去ってしまいました。
大山犬祭りは、庄内3大祭りの一つに数えられる有名な祭りなんですけどねえ。
おじさん、知りませんか?

 ちなみに「メッケ犬」と「大山犬祭り」については、
以下のサイトで詳しく説明しています。
興味のある方は、是非のぞいてみてください。

http://homepage3.nifty.com/sarari/rekisi/inumaturi/inumaturi.html
http://www.tsuruokakanko.com/season/inu/index.html
http://www.pref.yamagata.jp/ou/somu/020020/mm_bk_data/mm_spcial/index_No45.html

11月限定発売のお知らせ

10月も中頃になりますと、スーパーとかお米屋さんに新米が並ぶようになりますよね。
当店でも、草餅と栃餅の餅米が新米になりました。
それにそばかりんとうに使用するそば粉も今年の新そばになってます。

そこで、「エクスパックでお届けするかりんとうお試しセットC(そばかりんとう3個)」と
「メール便で送る草餅3個、栃餅3個 詰め合わせ」を11月いっぱい、特別価格の980円で販売することにしました。

前回の9月15日から10月15日までの「かりんとうお試しセットB」は、個数限定発売なのに完売できず、
期間限定発売として終了してしまいました。ものすご〜く残念です。
そこで今回は、個数限定ではなく、最初から期間限定で発売します。

それで、新米を使用した草餅、栃餅はどれくらい美味しいかというと、凄く良いんです。
つきたてのお餅のすべすべした感触は「もち肌」みたい。??(表現がおかしいかな)
ほんと、草餅とか栃餅にするのがもったいない。
何も入れずに白いお餅のままで味わって欲しいくらいです。

これは新米だからということだけじゃなくて、今年はとても質の良い餅米が手に入ったから。
いつも餅米を仕入れているお米屋さんは農家から直接お米を買ってるんですが、
今年の餅米は良いのが出来たみたいです。
今年は餅米が品薄で価格は去年よりだいぶ高くなってるんで、
商売としてみれば材料の餅米の値段が上がるのは良ろしくない。
でも、突き上がった時のお餅をみると商売を忘れて嬉しくなりますね。

それに、この秋は餅米だけじゃなく、栃餅に使用する栃の実も良いんですよ。
栃の実は、私と家族で山で拾ってきた栃の実を使用してるんですが、
栃の実のアクが薄いのが気になってたんですよね。

アクが薄いとみんなが好き嫌いなく食べれるマイルドな味になりますが、
昔からの栃餅を知っている地元の高齢者とかには、ちょっと物足りない。
そこで、今回は朝日という地区から仕入れた栃の実を今までの栃の実と
ブレンドして使ってみました。
そうしたら、栃餅も良い味が出るようになったんです。
「今年の諏訪菓子舗の草餅と栃餅はちょっと違うよぉ。」

”草餅は使用している餅草は冷凍なので一年中変わらずに美味しいです。念のため。”

次に新そば粉を使用している「そばかりんとう」の方ですが、どれくらい美味しいかと言うと、
う〜ん、どうかなぁ。
いやね、前に作った新そば粉でない「そばかりんとう」と新そば粉を使った出来立ての
「そばかりんとう」を食べ比べると確かに新しい方が美味しいんですよ。
でもね、それって新そば粉の「そばかりんとう」の方が出来立てだから美味しいだけのような気もする。

そば粉の保存技術は以前より良くなってますから、そばは夏でも美味しいですよね。
ましてや、油で揚げてしまう「そばかりんとう」では、違いはまずわからないと思う。
まあ、「そばかりんとう」は変わることなく美味しいと言うことで。

それに「新そば」の気分を盛り上げる為に、「新そば粉を使ってます。」のシールを、
限定発売の「そばかりんとう」にサービスします。

という「エクスパックでお届けするかりんとうお試しセットC(そばかりんとう3個)」と
「メール便で送る草餅3個、栃餅3個 詰め合わせ」を、11月30日まで、
限定価格 980円で販売いたします。
皆さん、この機会をぜひご利用ください。


一合おにぎり

今回の画像で我が家の子供達が持っているのは、
私の地元大山(おおやま)で、御飯のパック(画像左側)を製造している
農業生産法人 (有)ドリームズファーム のイベント(秋の収穫祭)で買ってきた
1個150円の「1合おにぎり 」です。

おにぎりの中には鮭と梅干しの両方が入っているし、御飯を製造している会社が新米を
使って作ってるんですから当然のように美味しいんだけど、なにせ、でかい。
お昼に食べたんですが、子供達はこの「おにぎり」だけでお腹いっぱい。
おかずはほとんど残しました。
親(私と奥さんのことです。)も、おかずまで食べたら苦しくてしばらく動けませんでした。
さすが、御飯屋さんのおにぎりは凄かった。

北海道 O様(仮名)のお餅の感想

草餅と栃餅の商品説明とキャッチーコピーの制作を2名の方に御願いしていることは、
以前の店長日記で書きましたが、その内の北海道のO様(仮名)から、回答をいただきました。
で、その内容なんですが、草餅と栃餅がどのような物か、とってもわかりやすく説明しています。
一部だけを抜粋して、商品説明に使うなんてもったいないくらい。
そこで、いただいたメールをそのまま掲載します。ぜひ、御一読ください。


『今回は、沢山のお餅を送っていただき誠に有難うございました。
早速到着後、両方を1づつ食しました。
キャッチコピーに値するか、ご参考になるか解りませんが、感想を書かせていただきます。

“初めての食感!”“お餅って伸びないの?”“いつまでも出来立ての柔らかさ!”に
ビックリでした。
“出来立てをどうぞ”はウソでもなんでもなく、本当に出来立て出荷で
“自宅で味わう、つきたてお餅”でした。

ゆうメールで届くから、「どうせチンしたりしないとやっぱ固い?」という概念が、
箱を開けてお餅を持った瞬間に崩れ去りました。
「なんだ??この柔らかさ!」。届くまで2〜3日経過してるはずなのに柔らかい!
に、まず、ビックリ。

そして、そして、お餅の柔らかさと普通のお餅と違い、スッと(サクっと!?)
噛み切れる初めての食感。お餅は「伸びるのを噛む」という感じがあったけど、
こんな食感は是非、口に入れないと本当に伝わらない意外な食感でした。

中身のアンコも嫌な甘さがなく、年代問わず、もたれない上品な甘さで、大げさに言うと
「何個でもイケル」丁度良い甘さでした。
生産者の顔が分かり、全てが地元生産や国産製品で安心して食べれるし、何より、
ご家族で1つ1つ手作業で作っている温かみが伝わってきました。

栃餅という名前も初めて聞いて想像できなかったけど、ほんのり(?)お醤油のような色で、
これは本当に自然の「栃の実」の色だけのものというのもこだわりを感じ、
一段と美味しく思えました。
草もちもやはり手作業ならではの自然のキレイな緑色で大量生産の市販品とは風味も違います。

冷蔵庫で3日は保存しましたが、やはり市販品とは違い、柔らかさはそんなになくならなくとも、
固くもならず・・・。
これが、「もちソフト」というこのお店ならではの製造方法なんだなぁと感じました。

最後まで美味しく頂く事ができました。本当に有難うございました。
このような感想でよろしいのでしょうか??折角美味しいお餅を送っていただいたのに、
お役に立てないかもしれませんが、私なりの感想をおくらさせていただきます。
どこか1フレーズでもキャッチコピーのヒントなりになれればと思います。

これからも美味しいお餅が、沢山の方に食べていただけますように。』


ね、とってもわかりやすく、しかも美味しそうに説明してますよね。
餅を作っている私でも、このウェブショップで買ってみようかと思うくらいです。
”ちょっと、大げさでしょうか?”

ところで、このメールに出てくる「もちソフト」について補足しますと、「もちソフト」と言う
のは、小麦と大豆を原料とした「β−アミラーゼ」という酵素を主成分とした食品添加物で、
餅の凝固作用を押さえる働きがあります。
この「もちソフト」を使用しているので、当店の草餅と栃餅は、お餅なのに時間が経っても
固くならないのです。

食品添加物というと人体に有害なのではと思う方もいるかもしれませんが、生協さんが禁止する
食品添加物(合成着色料等)ではありませんし、大丈夫です。
”私も子供の頃から当店のお餅を食べてますが、ずっと健康です。
 最近、メタボ気味ですがこれはカロリーの問題、食品添加物とは関係ない。”

こんな風に、北海道のO様(仮名)が美味しいと言ってくれた当店の草餅と栃餅、
皆さんもどうでしょう。一度、食べてみたいと思いませんか。

それから、もう一名の方に考えていただいた、キャッチコピーなんですが内容が難しい。
印刷して何度も読み返して検討しています。経営戦略会議を開かなければ。


手造り草餅、手造り栃餅のキャッチコピーが完成!!

以前から進めてきた諏訪菓子舗の草餅と栃餅のキャッチコピーと商品説明がついに完成しました!!
それで出来たお餅のページがこれ
<しょすがりな手作り餅>
http://suwakasiho.jp/SHOP/393810/list.html
<メール便で送るお餅6個入り>
http://suwakasiho.jp/SHOP/368479/list.html

凄いです。かっこいいと言うかセンスが良いというか、とっても良いです。
私じゃあ、こんなに良いキャッチコピーは絶対に思いつきません。
このキャッチコピーと商品説明は、千葉県のM様(仮名)が作りました。

商品のページの上の方に、M様(仮名)に作っていただいたキャッチコピーと商品説明があって、
当店の草餅と栃餅のこだわり等をこのページを見ている方にアピールしますよね。
そして、画面を下にスクロールすると商品の下に、実際に食べた方の感想と言うことで、
「北海道 O様(仮名)のお餅の感想」へのリンクが出てくるわけです。
そして、そのお餅の感想を読むと当店の手作り草餅、手作り栃餅が食べてみたいと思うんですね。

偶然だと思うのですがO様(仮名)とM様(仮名)に書いていただいた内容が見事に役割分担していて、
私が期待していたよりもずっと良い商品ページが出来ました。
O様(仮名)とM様(仮名) どうもありがとうございました。

で、お餅の商品ページを変えてから1週間も経っていないのに、お餅の注文がすでに2件入りました。
特別価格のではなく、しょすがりな手作り餅の10個入ったのがです。
ほんとうにびっくりというか、とても嬉しいです。
”すいません、ちょっと舞い上がってます。”


新旧そばかりんとう

さて、一呼吸して落ち着いたところで、今回の画像について。
これは以前のパッケージのそばかりんとうと新しいパッケージのそばかりんとうです。
右側のこげ茶色の文字が以前ので、左側の明るい茶色の文字が今のそばかりんとうです。
以前から使っていたそばかりんとうのパッケージの在庫が無くなったので、パッケージを制作して
いる所に、注文する際に「大山手造り」という文字に縁取りを入れて欲しいとお願いしたら、
勝手に文字の色まで変えてきたんです。
「こら〜、なんてことするんだ!!」と思ったけど、そことは長いつきあいですし、クレームを
つけたい気持ちをぐっとこらえました。
一回のロットで、袋は2万枚以上で金額だと20万円以上になるんです。
作り直せと言うのも気の毒なので。

「次に作るときは、もう色は変えるなよ。」と言いたい。

12月の限定品は、「こたつでだんらん菓子セット」

諏訪菓子舗のウェブショップで商品を発送するときなんですけど、
商品が多いときはかりんとうが20個入る少し大きめの諏訪菓子舗の名前入りの段ボール箱で、
商品が少ないときは、スーパー等で貰ってきた空き段ボールとかを使ってました。
でも、20個入る段ボール箱を使う機会はあまり多くないんですよね。

たいていは、「ベルーナ」とか「オージオ」とか「稲庭うどん」とかの諏訪菓子舗に関係ない
段ボール箱を名前の所にガムテープを貼って使ってました。
でも、これじゃあ格好悪すぎ。
そこで、かりんとうが10個入るくらいの諏訪菓子舗の名前入りの段ボール箱を新しく作ったんです。

それが画像の左側奥の段ボール箱ですね。
ちなみに右側奥が20個入りの段ボール箱で、左側手前がかりんとうお試しセット用のエクスパック。
右側手前はメール便のお餅6個入り用の箱です。

箱4個

お店の物置には、これ以外にもかりんとうが40個入る段ボール箱とか、サービス箱とか、
お菓子用の折り箱とかが沢山あるんです。
奥さんには、「あんたは段ボールコレクター」と言われてしまいました。

でも、せっかく新しい段ボール箱を作ったのですから、それをうまく活用しなければなりません。
そこで、この段ボール箱にちょうどはいるくらいのお菓子のセット品を考えてみたんです。

いつものように経営戦略会議で決まったのが以下のような菓子セット。

『送料無料で、「しょすがりな栃餅6個入り」と「しょすがりな草餅6個入り」、それに
「手造りかりんとう3袋」と「そばかりんとう2袋」が入って価格は、2,980円。』
それと辛いの苦手という方のためにもう1つ、
『送料無料で、「しょすがりな栃餅6個入り」と「しょすがりな草餅6個入り」、それに
「手造りかりんとう5袋」が入って価格は、2,980円。』

で、この限定品の名前が「こたつでだんらん菓子セット」です。
この名前は奥さんの提案です。いつも言ってますが私はネーミングセンスが無いので。
こたつで暖まりながら食べるのにちょうど良い菓子セットということだそうです。
”もちろん、こたつを使っていない方にもお奨めです。”

これって結構、魅力的な商品だと自分では考えているんです。
送料込みで3千円弱のお手頃な価格で3〜4人くらいの家族で食べるにはちょうど良い分量です。
11月の「新米&新そばフェア」は不発(がっくり)でしたから、12月は気合いが入ってます。

それでこの「こたつでだんらん菓子セット」なのですが、お歳暮用にも出来ます。
商品購入時の連絡事項に「のし紙希望」とか「お歳暮用」とか書いてもらえれば、
お客様の名前を印刷したのし紙をつけて、希望のお届け先にお送りします。

すると12月限定のこの商品の名前もこうなります。
「送料無料、こたつでだんらん菓子セット お歳暮にも最適」

それで、話が早いのですが来年1月(鬼が笑う)の限定商品は、次のようになります。
「送料無料、こたつでだんらん菓子セット お年始にも最適」

で、もしこれがヒット商品になったら2月前半の限定商品として
「送料無料、こたつでだんらん菓子セット お年を召した方へのバレンタインプレゼントにも最適」
になり、2月後半から2月末まで
「送料無料、こたつでだんらん菓子セット」になります。

3月、4月は卒業とか入学、就職などの御祝いもあるんでしょうけど、「かりんとう」と、
「手造り草餅、栃餅」をもらって喜ぶ若者はいないでしょうねぇ。

ウェブショップのプレゼント企画は年6回

「ウェブショップ開店記念プレゼント第2弾 お餅6個セットを30名様にプレゼント」は、
12月5日(金曜日)で応募が終了し、12日に当選者の発表です。
思ったよりも沢山の方に応募いただきました。ありがとうございます。

今回は応募の締め切りから発表まで時間があったので落ち着いて抽選が出来ました。
前回は大変だったんですから。

最初の懸賞が、7月中頃から9月15日までで、かりんとうお試しセットが30名様に。
第2弾の懸賞が、9月末から12月5日までで、手造り餅6個セットが30名様でした。
当初はこんなに懸賞をする気はなかったのですがこうなると、これからもプレゼントを続けなければ
いけないような気になってきますよね。

そこで、今後のプレゼントについて経営戦略会議(奥さんと相談することです。)で、話し合ったんです。
で、これからも懸賞を続けていこうという事になりました。
ただ、毎回30名様へのプレゼントはとてもきついので、これからは12名になり、そのかわり、
2ヶ月毎にプレゼント企画を行うことになります。
プレゼントが12名というのは半端な数字だと思うでしょうが、ちゃんと理由があります。

当初は開店記念プレゼントの30名の半分で、15名で年6回にしようと思ったんです。
でも、真面目にお店のコストを計算すると、15名の年6回ってかなり無理してます。
私の好きなことわざに「無理が通れば、どうりで苦しい。」というのがありますが、15名では本当に苦しいんです。
そこで人数を10名に減らそうと言うことになったんですが、10名ってなんか少ないですよね。
やっぱり、プレゼントは15名にしたい、でもお店の経営を考えると、10名の方が賢明。
じゃあ、その間の数にしようとということで、12名か、13名。
13って、あんまり喜ばれない数字ですよね。それで12名にしようということになりました。

それで年6回の懸賞のスケジュールですが、次のようになります。
1年の最初の懸賞が12月中頃に募集を開始して、締め切りが2月前半になります。
タイトルは「諏訪菓子舗 新年の手作り草餅、手作り栃餅プレゼント」で、
賞品は、「メール便で送る手作り栃餅3個、手作り草餅3個詰め合わせ」です。

その次の懸賞が2月中頃に募集を開始して、締め切りが4月前半になります。
タイトルは「諏訪菓子舗 春の手作り草餅、手作り栃餅プレゼント」で、
賞品は今回も、「メール便で送る手作り栃餅3個、手作り草餅3個詰め合わせ」です。

その次の懸賞は4月中頃に募集を開始して、締め切りが6月前半の私の地元の一大イベント「犬祭り」が終わって、
一息ついたころになります。
タイトルは「犬祭りの町 大山手造りかりんとうプレゼント」で、
賞品は「かりんとうお試しセットB(手造りかりんとう2個、そばかりんとう1個」になります。
賞品には、犬祭りをイメージしたシールを付けますね。

次の懸賞が、6月中頃に募集を開始して、締め切りが8月前半となります。
タイトルが「諏訪菓子舗 夏の手造りかりんとうプレゼント」で、
賞品は「かりんとうお試しセット(手造りかりんとう1個、そばかりんとう2個)」になります。
夏の暑いときに、麦茶に合うのは少し辛い唐辛子入りのそばかりんとうだと思うので、
そばかりんとうの方を多くしました。
この時には、納涼をイメージしたシールを付けると思います。

次の懸賞が、8月中頃に募集を開始して、締め切りが10月前半となります。
タイトルは「諏訪菓子舗 新そば粉のそばかりんとうプレゼント」で、
賞品は、「かりんとうお試しセットC(そばかりんとう3個)」になります。
賞品のそばかりんとうには、もちろん「新そば粉を使用しています。」のシールをつけます。

1年の最後の懸賞は、10月中に募集を開始して、締め切りが12月前半になります。
タイトルはたぶん「諏訪菓子舗 秋の手作り草餅、手作り栃餅プレゼント」で、
賞品は、「メール便で送る手作り栃餅3個、手作り草餅3個詰め合わせ」です。
賞品を発送するのが12月なのに、冬ではなく秋です。変かな。
でも、「諏訪菓子舗 冬の手作り草餅、手作り栃餅プレゼント」よりは良いですよね。
私の地元は東北の日本海側なので、冬は暗ーく鉛色の日々が続くイメージがあるんです。
雪だって静かに降り積もりはしません。すごい吹雪か地吹雪で、家に閉じこもるしかない。
そんな、冬のプレゼントって賞品まで暗くなりそうが気がする。
そんなわけで諏訪菓子舗の12月に発送するプレゼントでは冬ではなく秋になります、おそらく。

こんな風にこれからもプレゼントは続けて行きたいと思います。
皆さん、これからも応募よろしく御願いします。

「送料無料、かりんとう10個詰め合わせ」が出来ました。

 ウェブショップ開店記念プレゼント第2弾の賞品の発送がようやく終わりました。
今回の抽選では、島根県の高橋様がメールを送ることが出来ずに取り消しとなり、
代わりに愛媛県の中川様が当選となりました。
皆さんも懸賞に応募するときは、メールアドレスの間違いに注してくださいね。
ちなみに、当店の懸賞の応募では20人に1人くらいの割合でメールアドレスの間違いがあります。
凄く多いですよね。皆さんも他人事ではありません。
せっかくの当選が無効にならないように、懸賞応募の確認メールが返信されるか確認したほうが良いですよ。
ちなみに当店の懸賞応募では複数回の応募があった場合は、全てが無効になるのではなく
まとめて1回の応募にしています。
確認メールが返信されないときは、再度応募した方が良いと思います。

さて、今週の本題、「送料無料、かりんとう10個詰め合わせ」の話です。
11月の最後の週に、かりんとうが10個入るような段ボール箱を作りました。
で、先々週の店長日記で諏訪菓子舗はいつころ創業したかの話をしましたよね。
この中で久しぶりに「かりんとうの老舗」と言うことでかりんとうの話題がでました。
そして、この週のメルマガを送ってから、重大な手抜かりに気が付いたんです。

なんと、諏訪菓子舗は「かりんとうの老舗」を名乗っていて、かりんとうが10個入るような
段ボール箱を作ったのにかりんとうが10個入ったセット品の商品がない!!!
気が付いたときはおもわず「オー、なんてこったい!!!」というハリウッド映画の日本語吹き替え版
にしか出てこないような怪しい日本語を叫んでしまいました。

最近は、手作り栃餅、手作り草餅の話題ばかりでかりんとうのことが疎かになってましたね。
さっそく、そういった商品をウェブショップに載せようと思ったんですが、
そのころは懸賞の締め切りと抽選等がありまして時間が取れなかった。
で、ようやく先週末にこの商品「送料無料、かりんとう10個詰め合わせ」で出来ました。

この「送料無料、かりんとう10個詰め合わせ」は名前の通り、かりんとうが10個入った送料無料の商品で、
とっても直球勝負のネーミングです。
”私が考えると商品名はこんなものです。”

手作りかりんとうとそばかりんとうを合わせて10個でそれぞれの個数はお客様が選べて、
お値段は、2,980円になります。
かりんとうは10個で送料込みだと3,300円になるので、320円お得な商品ですね。
黒猫ヤマトの宅急便で送るので配送時間の指定も出来るし、お支払い方法にも制限はありません。

スーパーの特売品にはかないませんが、割と魅力的な商品だと思うんですがいかがでしょうか。
この「送料無料、かりんとう10個詰め合わせ」は年間を通して販売します。
今は不況なので買えないという方も気に止めておいてください。
よろしくお願いします。

年末アラカルト3品

2008年もあと少しとなりました。
次週の店長日記は、1月1日に更新するつもりなので、今回が今年最後の店長日記になります。
で、今週の店長日記ですけど、これといって大きな話題はありません。
そこで、「年末アラカルト3品」として軽い話題を3つほど用意しました。


一品目 懸賞の賞品の感想が届きました。
 今月15、16日に「ウェブショップ開店記念プレゼント第2弾」の賞品の栃餅、草餅を送りました。
今回も賞品の発送をお知らせするときに感想や意見などをお願いしたんです。
前のプレゼントで「かりんとう」を送ったときは、10名くらいの方に感想を頂きました。
今回も同じくらいの返事が頂けるかなと期待したんですが・・・ 少ない。

ちょっと、少なかったです。
でも、今回の賞品の事をブログに書いてくれた方がいました。
そのURLはこちら(リンクOKなので記載しました。ありがとうございます。)
http://tanko.exblog.jp/9252527/
とっても嬉しいです。この店長日記を書くときまでにこのブログを4回読んでますけど、
何度見ても顔がにやけてきます。へへへ。
みなさんも一度、見てみてください。
よろしくお願いします。


二品目 ウェブショップの諏訪菓子舗は年末年始、お休みします。
 諏訪菓子舗はクリスマスケーキは作っていませんが12月の後半は草餅と栃餅がよく売れるので
割と忙しくしています。
不景気と材料費の高騰の為に価格を上げたせいか、かりんとうの売り上げが落ちたままなのでお餅が売れるのは
とってもありがたいです。

で、年末になるとこんどはお正月用のお餅作りが始まるんです。
大きなお店から見れば笑っちゃうくらいの量かもしれませんが、家族だけで作っている諏訪菓子舗にとっては
けっこうな量で、それだけで手一杯になります。
その為に年末の28日から来年の4日まで、ウェブショップをお休みします。

「かりんとう」はいつでもお店に在庫があるので年が明ければ、注文さえいただければ休業中でも発送しますが、
栃餅と草餅は無理だと思います。
それにね、お正月過ぎって何処の家にもお餅があるので、草餅、栃餅も売れなくなるんですよ。
1月は「手造りかりんとう」と「そばかりんとう」がお奨めですね。
コタツに当たりながら食べるのにピッタリ、皆さんもいかがでしょうか。


三品目 こたつに入れるパイプ
 今週の画像は、「ケンミンショー」というTV番組の山形県SPで紹介していた、コタツにいれるパイプです。

コタツ用パイプ

我が家ではこのパイプで温水ルームヒーターから送られる温風をコタツに送っています。
温水ルームヒーターだと温風の温度がせいぜい50℃くらいなので、コタツの中もあつくなりすぎず、良い感じです。

でも、私はあの「ケンミンショー」でパイプの事を紹介しているのを見て、少し驚きました。
それまでは、あのパイプは北は北海道から南は九州まで何処にでもある物だと思ってたんですよ。
沖縄はコタツを使っていないだろうから無いだろうけど、それ以外なら日本中で使ってると思ってました。

だって、他の県に本社がある規模の大きなホームセンターとかで普通に売ってるんですよ。
当然、そのホームセンターがある地域(関東や北陸、東北等)では販売しているだろうと思うじゃないですか。
”なんでそんな当たり前の事をケンミンショーで紹介する? ひょっとしてやらせ?”
等と思ってしまいました。
皆さんの地域では、コタツにいれるパイプ使ってませんか?


今年最後の店長日記はこれで終わりです。
みなさま、良いお年を。

ページトップへ